社員インタビュー

新潟駅南口本部校 校長 新澤 祐貴

新潟駅南口本部校校長 新澤祐貴
アイオスを選んだ理由を教えてください。
地元が大好きなこともあり「新潟で活躍できる」という条件を重視した就職活動を行っていました。

その際、新潟市で学習塾事業を展開しているアイオスに出会いました。正直それまではアイオスという会社を知りませんでしたが、社長の社員一人ひとりを大切にした「人材ありき」の人柄にも惹かれ、入社を決めました。
現在の仕事内容・やりがいなどを教えてください。
校長として、指導ノウハウの構築や部下の育成、保護者様との面談などマネージメント業務を担当しています。

校長という立場は講師に比べると責任は重いのですが、「成績がアップした」などと良い結果に導けたときには生徒様だけではなく保護者様からも直接感謝される機会も多くなりますので、その分やりがいも大きくなります。またお客様の喜びを目の当たりにするたび、この仕事を通じて地域・社会へ貢献できているという実感も強くなります。

これからも校長として部下達と協力しながら、未来ある子供たちのために最高レベルの教育サービスを提供し続けていきたいです。
学生のみなさんへのメッセージをお願いします。
20年後には世の中の仕事の50%が変わるといわれています。この変化の激しい時代でも取り残されないためには柔軟な姿勢が欠かせません。

アイオスにはトラブルや失敗を成長の糧とする社風があります。「まずはやってみよう!」と失敗へのリスクよりも成功へのメリットを追う場面も多く、これがアイオスの発展を支えている要因であり、私自身の成長にもつながっていると考えています。

「トライ&エラーを楽しめる方!! あなたの職場はここにある」(笑)。

新潟駅南口本部校 主任講師 杉原 冬哉

新潟駅南口本部校主任講師 杉原冬哉
アイオスを選んだ理由を教えてください。
大学時代、小学生から続けてきた卓球を地域の方へ教える機会に恵まれ「人に教えることで自分も学び、成長することができる」と強く感じていました。

自然と就職活動は教育業界を中心としたものになり、なかでもアイオスは社長から直接説明を受けることができ、理解が深まったことが決め手でした。
現在の仕事内容・やりがいなどを教えてください。
入社1年目より主任講師を任せていただき、教務の現場で奮闘中です。また、将来は新校舎の校長として独り立ちするため、校舎運営について学ぶ日々でもあります。

塾として最大の目標は「全員の成績を上げること」。しかし塾として成績アップのノウハウはあるものの、生徒様のモチベーションや抱えている事情には個人差があり、目標達成はなかなか難しいのが現状です……

結果を出すために生徒様一人ひとりと本気で向き合い、試行錯誤の連続。それがこの仕事の難しさ・大変さでもあると同時に、大きなやりがいでもあります。自分自身の力も高めつつ、目標に向かって努力を続けていきたいです。
学生のみなさんへのメッセージをお願いします。
学生のみなさんには「仕事を通して自分はどのような人間になりたいのか」「この会社で理想の自分を実現できるのか」を考えて就職活動に臨んでほしいです。

アイオスはどんなに些細な問題でもすぐに改善のための行動を起こす会社です。そのような環境に身を置くことで、「つねに成長し、他人のために努力を惜しまない人」という理想の自分に近付けていると感じます。

みなさんと一緒に働ける日が来ることを楽しみにしています!