代表メッセージ

「教育ビジネス」に革命を起こし、新潟を──日本を変えていく

代表取締役 宮下敏

今、世の中はグローバル化が急速に進み、私たちを取り巻く環境はどんどん変化しています。そして、その変化に対応するべく日本の「教育」も大きく変わってきています。

少子化とはいうものの、われわれ民間教育企業へのニーズは年々高くなっており、(株)矢野経済研究所が発表している『教育産業白書』によると教育産業全体の市場規模は2兆5,000億円を突破し拡大傾向にあります。

アイオスも2001年の創業以来、徹底した顧客目線をモットーに成長を重ねてきました。おかげさまで現在ではメイン事業である「個別指導塾ブイステージ」が地域でNo.1の人気塾となり、入塾待ちの生徒様が絶えない状況です。

──と、ここまでは格好の良い話になりますが、正直なところ経営的には長年苦戦してきました。今から20年近く前、右も左もわからないのに起業。大手塾の研究をしながら見よう見まねで奮闘するも、なかなかうまくはいきません。

それどころか大手塾を研究すればするほど「利益を追求するためにお客様をだましている」と思えるようなブラックな部分が見えてきてしまい……いつしか「お客様に本当に喜んでもらえるサービスで大手に勝ってやる」と考えるように。

何年も赤字が続き、人材も離れていきました。本気で廃業を考えたこともあります。

しかし、残って支えてくれたメンバーと、必死でこらえながら成功モデルをひとつ、またひとつと構築していき、十数年かけて何とか地域で認められるところまで来たというのが実情です。いわばやっとスタートラインに立てたというところでしょうか。

業界は今拡大傾向にありますが、企業間の競争は激化しています。
アイオスはその競争に敢えて参加し、お客様のためになるサービスを創造し続けることが新潟を──日本を変える力になると信じています。

まだまだ成長途中の会社ではありますが、お客様のためにという気持ちはもちろん、共に働いていく仲間を思う気持ちもどこにも負けません。ワークライフバランスを保つことができるように残業も廃止し、年間休日も120日以上取得できるようにしました。もっともっと良くしていけたら最高ですね。

この想いに共感いただける方は、ぜひアイオスの会社説明会へご参加ください。
お会いできる日を楽しみにしています。

                  代表取締役