代表メッセージ

業界の常識にとらわれず、新潟を──日本を変えていく

社会は今、AIをはじめとする科学技術の発展やグローバル化などが急速に進み、変化の激しい時代へと突入しているといわれます。

それに対応するべく日本の教育改革も進められ、少子化とはいわれながらも個別指導塾を中心に業界は拡大傾向です。

社会貢献度も高く、決して無くなることのない素晴らしい業界なのですが、ひとつ欠点があります。

それは「お客様目線」とはいえない常識や慣習が多く残る業界であること。

恥ずかしながら、私は今から20年前、業界のことをほとんど知らずに起業しました。23歳のときですから、怖いもの知らずですね……

当時、業界大手のサービスを真似ながらビジネスを軌道に乗せようとしていたのですが、参考にすればするほど「お客様をだましているのでは!?」とも思えるブラックな部分がいくつも見えてきたのです。

「業界を変えなくては」

ここからが地獄の始まりでした。
目先の利益よりも「自分が子供だったら」「自分が保護者だったら」の一心で、次から次と新しいサービスをリリースしていったものの、全然ヒットしません。

新しいサービスというのは「諸刃の剣」でした。新しいからお客様はよく分からない。ピンとくるのは同業他社くらいで、そんな同業他社からは誹謗中傷で叩かれる始末。

志はあっても、売上が伸びない。
何年も赤字が続き、人材も離れていきました。本気で廃業を考えたこともあります。
それでも何とか残ってくれたメンバーと必死でこらえながら、サービスの質だけではなくサービスの見せ方(売り方)もブラッシュアップを重ね、10年ほど経ったころ、ようやく地域No.1の人気塾といってもらえるようになったわけです。

こうなると不思議なもので、業界大手がアイオスのサービスを真似してくるのです。正直いって少し悔しい気持ちはありますが、これでやっと教育業界を変えていけるというもの。いわば、やっとスタートラインに立てたというところでしょうか。

このように、まだまだ成長途中の会社ではありますが、共に働いていく仲間への想いはどこにも負けません。ワークライフバランスを保つことができるように残業も廃止し、年間休日も120日以上取得できるようにしました。もっともっと良くしていけたら最高ですね。

この想いに共感いただける方は、ぜひ一緒に働きましょう。お会いできる日を楽しみにしています。

                  代表取締役